音楽聴け!


by phlegmaticarmy563

<   2009年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

あっ

そういえば、酒飲みすぎて、オアシスのライブ行き忘れた!シット!
でも、フジロックにも来るのか・・・アニコレも出るし、ことしは久々に富士岩参戦しようかな・・・
e0079499_2361563.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-31 02:38

酔いどれ

この週末は、ひたすら酒を飲みまくった。金曜、会社の歓送迎会→土曜、代々木公園で花見→渋谷で二次会→みきお家の最寄り駅近くで三次会→日曜、七副→西池→コモン→3B→餃子。さすがに疲れて胃も肌もボロボロ。まさに24hourパーティーピープルでした。花見でイヤフォンをなくし、コンビニでイヤフォンを買い、
帰りはマンチェの新人、KEITHを聴いて帰った。スミスのしなやかさに、シャーラタンズのグルーヴを加えたような良質なUKロックでございます。Vo.→イケメン。おためしあれ。
e0079499_1525184.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-31 01:52

帰省

先週は仕事で名古屋に出張に行き、週末も名古屋に帰り、久々にというか、実家が新居になって、初めて帰省した。自分が育った街はほとんど変わっていなかったが、僕の音楽の原点ともいえる、最寄りのユニーのCD屋がなくなり、最寄りのGEOもただのエロビデオ屋になっていたのはショックだった。しかし昔はそれがすべてだった街も、大人になりあらためて行ってみるとほんとにせまいエリアで・・走馬灯のように当時の思い出がインマイヘッドして、ノスタルジックな気分になりました。でも名古屋はお店も一通りそろっていて、住むのにはちょうどよい、いいところだなと改めて思った。矢場町のPARCOも当時は行くだけでなんかおしゃれな感覚になって、行き狂ったな~。いまだにデパートはPARCOが一番好きだし。当時、島村楽器に置いてある布袋やHIDEのギターを眺めては、いつか自分もこういうギターをかき鳴らしてーっと思ったものです。その島村楽器の上の階にあるタワレコでこれを購入。ぼくもこんな変な音楽が聴ける立派な大人になりました。
e0079499_2484410.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-24 02:50

ずっぱまり

KLAXONSに夢中だ。ことしのサマソニにも来るらしいのでぜひ見に行きたい。ずっぱまりするバンドというのは、音楽、ファッション、アートワークすべて好きになるものだが、まさに今その状態なのがKLAXONS。しかし年齢を見るとみんな若い若い。もう自分の世代は完全に終わったんだなと痛感した。この頃は音もかなり荒削りだけど、ほとばしるパッションを感じます。しかしGRAVITY'S RAINBOWは最高だね!
e0079499_1315669.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-20 01:31

すばらしいだろ

きのうは、ウエディングソングの撮影で超久々にスタジオに入った。やたらと広いスタジオを借りて、でかカメも入ってわりとちゃんと撮影した。自分が作った曲を人が歌うのは初めてだったんだけど、旦那さんの優しい人柄が声に出ていて、すごく自分のイメージどおりでよかったなと思った。ことし一番の仕事をしたと思う。自分は無駄にハードアクションをして首が筋肉痛なうえ、打ち上げで飲みすぎて、帰りの電車で寝てしまい、乗り換えで終電逃してタクるという、黄金コースをたどったが・・・バンドっていいっすね!そんな気持ちになれた夜でした。そしてこのアルバムもそんな気持ちをよみがえらせてくれる名盤です。
e0079499_2413880.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-17 02:41

ロックという名の幻想

BJCを久々に聴いた。やはりやばい、未だ日本のどのバンドも追いつけていない、ロックの最高到達点です。しかし、わけのわからん言葉を並べているだけなのになぜベンジーの歌詞はこんなに刺さってくるのだろうか・・・
e0079499_444505.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-15 04:44

歌心

曲が完成した。意外とあっさり作ってしまった。しかし名曲というのはシンプルなコード進行で単純な構成のものが多い。そこにメロディーやアレンジでひねりをきかせればいっちょあがりという感じ。日本人が音楽を聴くうえで一番ひっかかるのはやはり「歌」。歌詞に共感したり、メロディーにぐっときたり。音楽好きはギターやドラムの音がどうとか、コード進行がやばいとか、構成がやばいとか、あげく質感がどうとか、あーだこーだいいますが、結局一番大事なのは「歌心」なのです。その「歌心」をきっちり守り抜いている数少ないバンド。
「ジュビリー」はくるりの最高傑作ですな。
e0079499_1150212.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-14 11:51

息子と娘たち

ロックさんによる最近のUKロック講座で一番ひっかかったのがこのサンズアンドドーターズ。いわゆるストロークス以降のローファイ・ガレージロックといった感じですが、グラスゴー出身ということで気にはなっていました。アルバムは、かのバーナード・バトラー先生がプロデュース。ENOと共に、世界最高の音楽プロデューサーに選ばれたというバトラー氏。ティアーズ以降、自身の活動が報告されていませんが・・・個人的には裏方よりも、爆音ギターを炸裂させる氏の活動を期待します。
e0079499_2132528.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-10 02:12

失われた週末

そしてついに見つけたこの名盤。モノクロームセットの各アルバムの中でもダントツに売っていないこのアルバム。古くは日本版で再発とかしていたみたいだけど、死ぬほど売っていなくて、半ば入手するのをあきらめていただけに、新宿タワレコに普通に置いてあったときは狂喜乱舞しました。きのう休みがつぶれたから、まさに今「失われた週末」。なんといっても名曲「WALLFLOWER」が死ぬ!最高!聴け!
あんまり売ってないけど・・・
e0079499_0213773.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-09 00:21

NEU 80’s

きょうは新宿でCDを購入。最近KLAXONSにずっぱまりしてる流れで、SHITDISCOやCSSなど、NEU RAVE関連音源を購入した。NYのDISCO PUNKに始まり、フランスのELECTRO、イギリスのNEU RAVEと、「踊れるロック」をキーワードにリンクしてきている最近のシーンはおもしろい。タワレコでも、フランツの新譜に合わせて「踊れるロック」特集をやっていたが、紹介されていたのは、PRODIGYの新譜。(ちょっとベクトルが違くね?)日本でもPERFUMEとか流行ってるし、世は空前の80’sブームですね。
e0079499_08821.jpg
e0079499_08266.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-03-09 00:08