音楽聴け!


by phlegmaticarmy563

<   2009年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

万能型日本のロック

それに比べて我らが日本のロックは、はっきりいって「ミーハー」。だけどやたらセンスは良い。その時代、時代の洋楽のよきエッセンスを吸収して、わかりやすくお届けする能力はピカイチだと思う(プライマル的な)。しかし、近年のコーネリアスや古きピチカートファイブなど、外国人にはそれがミョーに新鮮に聴こえるのか、ポンっと海外で流行ったりする。一方、相方のオザケンや岡村ちゃんは日本人的なセンチメンタリズムを追及しすぎていて、我々のハートには直撃してくるが、歌詞がわかららない海外では死んでも売れない。日本のオタク文化が「クールジャパン」とか言われている昨今。特にフランスは日本の漫画とかがやたら売れているらしく、ダフトパンクも今考えるとそういう中から出てきたと思うとうなずける。ロックという輸入品を日本は独自にアレンジして海外に逆輸入している感じですね。なんだかつまらん音楽雑誌のコラムみたいになってきたな・・・。というわけで日本のスクリーマデリカです。
e0079499_112728.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-28 11:02
きょうは仕事で、ネタ探しに明け暮れた。やたらと画期的な何かを探す企画で、とりあえずYahooやGoogleで「画期的」やら「革新的」やら「斬新」というワードで検索をかけてみたが、世の中そんなに画期的なものってありませんね。ひっかかってくるのはIT系や音楽ニュースがやたら多かった。よく音楽レビューでも乱発されるワードですよね。対外は聴いてみるとそんなに画期的じゃないパターンが多いものです。画期的な音楽はすでに70年代までに出尽くしている感があるからです。それ以降は機材や技術が発達しただけで、音楽の発想自体は70年代で止まっている気がする。クラウトロックに代表される前衛的なロックを聴いていると、テクノだのアンビエントだのポストロックだのノーウェイブだの、すでにやられていたなと。ほんとドイツ人ってものすごい感性していますね。アメリカやイギリスのように、トラディショナルな音楽が乏しい分、先鋭的な文化が早くから生まれたのでしょう。ちなみに私がアメリカに住んでいるとき唯一の外人の友達はドイツ人でした。大学で学んだ第2外国語もドイツ語でした。ドイツ好きだなおれ。ナチスの科学は世界一いいいいいいいいいいい!
e0079499_291220.jpg
e0079499_294096.jpg
e0079499_295673.jpg
e0079499_2101161.jpg
e0079499_2102586.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-27 02:10

UKの新鋭たち。

ここ最近またUK熱が高まっており、新しいUKバンドをむさぼり聴いている。まずコーティーナーズ。マンチェ出身で「オアシスに匹敵するビッグマウス!」というアホなうたい文句で売り出されていたので買ったけど、中身は最高だった。(Vo.の名前がリアムだし・・・)スミスとかハウスマーティンズとかラーズとかその辺の80年代UKギターロックな感じが非常にストライク。そしてニールズチルドレン。見た目はビジュアル系だけど、音はなかなかツボをおさえていて、特にこのI'm ILLという曲は非常に良い。キュアーとかモノクロームセット好きなんだろうなーという、ねじれたポップスといいましょうか、ストライクな変化球です。前にご紹介したハッチャムソーシャルに近い感じかな。いや~やっぱりUK最高!
e0079499_301451.jpg
e0079499_302836.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-25 03:00

命果てるまで

YOU TUBEでユニコーンの最近のテレビ出演を延々と見まくってたらあっという間に週末が終わった。スマップとのコラボはコールドプレイばりに笑った。ユニコーンの新譜を聴いて、小学校の時初めてユニコーンに出会ったころの気持ちが蘇って、自分はその頃と何も変わっていないなと思った。まるでこれまでの16年間がワープしたような気分です。生きていてよかった・・・気持ちは変わらないが、いまや働く男になった自分。ガキの頃よりも、よりリアリティーを持って歌詞が突き刺さってきます。

e0079499_23165031.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-22 23:18

ユニコーン

再結成!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!まさかこの年齢でユニコーンの新譜が聴けるとは思っていなかった!自分にとっては一番大切なバンド!僕の原点なのです。しかも最高じゃないかこのアルバム!なんてワンダフルWAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAO!
e0079499_245445.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-22 02:04

はっぴいでっどえんど

鈴木茂が大麻で逮捕された。会社で1報を聞いて騒いでしまった。ちなみに僕の髪形は松田優作というよりかは鈴木茂意識です。逮捕の影響ではっぴいえんどのCDが発禁になったらしく、小室のときといい、最近過剰だなと思った。逮捕されたら話題になるわけだから、むしろ、逮捕フェアとかいって大きく売り出せばいいのに・・・しかし岡村ちゃんといい、フェイバリットアーティストが次々に逮捕されて、悲しいです。(練馬ザファッカーは好きじゃないけど)
e0079499_1455585.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-21 14:55
これが僕らと00世代の大きな違いだろう。あるADに「クラプトンとジェフベックの共演ライブ行かないんすか?」といわれ、いわゆるロックアイコンたる二人とも通ってない私は、あっさり「行かない。」と答え、あげく知ったかをまじえて「スタンダードすぎてだめなんだよね、アヴァンギャルド好きだからさ。」「ジミーペイジとかジミヘンは好きだよ。」とクロウトぶりをアピールしてしまった。「クラプトンって俺の世代はMTVアンプラグドのイメージが強いんだよね。しみったれた歌唄ってるおっさんっていうさ。」など、ロッカーぶりをさらにアピール。そしたら、そのADが「MTVアンプラグドっていいイメージないですよねニルヴァーナとか」と言ったのに対し、「ニルヴァーナのアンプラグドは最高だろ!」とつっこみをいれてしまった。グランジはアンプラグドも最高なんですよ!アリチェンとか。でも大多数の若者が、ニルヴァーナのラウドな部分にひかれてるわけで、カートさんが死ぬ前に演った、一番暗いアンプラグドこそが最高!というのは、ちょっと理解しがたいのもわかる。というわけで、きょう通勤中に「イン・ユーテロ」を久々に聴いた。
激しく興奮して、総武線で立ちながら頭を揺らしそうになった。こんなにもかっこよくて、興奮するロックはないですねやはり。
e0079499_3241422.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-18 03:26
きょう自分の職場である番組がコールドプレイの特集をやった。グラミー賞をとったかなんかで、20世紀最高のロックバンドとして紹介された。内容はきゃつらのやっている慈善活動を中心に紹介していて、報道番組たる切り口だったが・・・おれは何か憤りを感じ「おれが〇テレで一番コールドプレイが好きだ!」と周辺に大声で断言してしまった。あげく聞かれてもいないのに、ライブはいまいちだの、1stが一番だの、バンドは慈善事業なんてやらず音楽だけやってたらいいだの、能書きをたれまくってしまった。自分が好きなバンドが広く知れ渡るのって、なんか複雑な気持ちですね。俺は前から知ってたと見栄を張ってしまう自分も恥ずかしいが・・・さておき、というわけでコールドプレイの1stを改めて聴いた。この頃は、レディをヘッド好き必聴という感じで紹介されていて、イギリスの冴えない若者が、なんとも繊細な音を鳴らしていて、なんとも感動したものでした。メンバーが自分と年が近く、このアルバムを知ったときずいぶんとへこまされました。いまやエスカレーターを逆走し、ビッグバンド化してしまったこの人たちの飾らない姿がここにはあります。この頃はまさかスマップと共演するなんて夢にも思わなかったな。グラミー受賞で知った人もぜひこのアルバムを聴け!
e0079499_2251459.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-13 02:25

身の丈に合った音楽

好きな音楽が多いと、自分で音楽を作ろうとしたときに、あれもこれもと非常に散漫になってしまうのは、私の経験上よくわかった。音楽に詳しいやつってのは、同時に飽きっぽくもあり、おれはこれだ!って決められずにどんどん違う音楽を漁り、その結果詳しくなっちゃてるやつが多いと思う。おれはこれだ!が多すぎるんだよね。自分も完全にその部類で、バンドをやっているときは、スタジオごとにマイブームが変わって、やっぱこういう風にしようよとか毎回変わって結局何がやりたいのかわからなくなってた気がします。それと同時に聴く音楽が自分の能力、演奏力とはかけ離れすぎたりして、だめですね~。やっぱり自分の身の丈にあった音楽をチョイスして、それを形にするのも、ある種才能だと思います。長年バンドを離れ、自分で音楽をやるというモチベーションが壊滅していた私。しかしこのアルバムを聴いて、これはおれもできる!というかこういうのがおれやりたい!と思わせてくれたのが、このアルバム。PUNKを最初に聴いた人もこういう風に思ったんだろうか。マイブームはいろいろあるけど、自分のど真ん中は忘れないようにしたい。
e0079499_2294925.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-12 02:29
1枚買っていまいちピンと来ず、そのまま眠っていたバンドたち。のCDをそれえてみようシリーズで、ちょっと前に狂ったように買いあさったCDたち。ビルトトゥスピルはどのアルバムもいいが、エクスペリメンタルなウィーザーといった具合でこれが最高傑作でしょう。アーチャーズオブルーフは初期のほうが断然好きだ。やっぱりぎゃんぎゃんギターロックが一番だと再確認できる。
モデストマウスはジョニーマーが最近入って気になってはいたんだけど、聴いていなかった。でもやっぱり初期の混沌とした感じのほうが好きということでこれ。デスキャブもポスタルサービス入りで実は全然聴いてなくて、聴いたら普通に好きだった。またインディーロック熱が高まっているきょうこのごろです。
e0079499_21439.jpg
e0079499_215597.jpg
e0079499_2282.jpg
e0079499_222185.jpg

[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-02-11 02:02