音楽聴け!


by phlegmaticarmy563

this is it

e0079499_2191064.jpg
this is itをレイトショーで見た。
マイケルが生前最後の会見で、
「みんなが聴きたい曲をやる。this is it(『これが最後だよ』と私は解釈しました)」と言っていたとおり、
これまでのアンセムが、現在のサウンドでたたみかけられ、昇天しきった・・・

バックダンサー、バックバンド、音響スタッフ、照明、演出。
世界中から超一流の逸材が、マイケル一人のために、集結していた。
すべては、マイケルの音楽を愛し、信じているから。

マイケルは、バンドにダメだしをしていた。
「テンポが早すぎるよ、ここはもっと“間”が必要なんだ。たとえるなら、月の光を浴びる感じ・・・」
極めて抽象的な指摘だが、的確だ。

マイケルは自分自身で曲もすべて作っている。
集まったスタッフは、みんなその曲を再現する
(言い換えれば、マイケルが一番気持ちよくガタガタ動くことができる)
ことを目指している。

だからマイケルが納得いくまでリハーサルは続くんだ。

最高のエンターテインメント。最高のパフォーマンス。それがここにある。

このコンサートが完成しなかったことは、誰よりも、
一緒にやっていたスタッフ、本当に悔やまれると思う。

始発で、「スリラー」のアルバムを聴きながら帰った。
体が動きまくって、一歩進んでムーンウォークとかしてたら、
最寄駅から15分の道が、倍の30分かかった。

MJ forever
[PR]
by phlegmaticarmy563 | 2009-11-07 21:09